業務用食材を賢く購入と利用をして食費の節約や充実したおうち時間にしましょう

>

食事時間を充実させるのも業務用食材のコスパを高めるポイント

レシピを増やすのも必要

業務用食材には、揚げ物や煮物などのおかず系や生鮮食品や野菜のような食材系などバリエーションは豊富にあります。各種安く購入できるのは1つの強みですが、レシピを増やせるとより食事の時間が充実します。

料理のサイトや雑誌などで、レシピの研究をするのも1つの方法ですが、幅広いため迷いが生じるかもしれません。近年では、動画で調理のレクチャーをしていたり、レベルに応じた調理法のあるサイトもあります。各種比較や研究を行い、自分なりにレパートリーを増やすと良いでしょう。また、自動で献立を決定するアプリが出ており、管理栄養士が栄養価を算出をしてくれるものもあります。しかし、有料な場合もあるため、お金を払うのに見合うか否かの判断力も必要です。

偏った食事に陥らないように

業務用食材の強みは、グラム単位での値段は安いうえ、あまり食材を使用しない人には食費の節約が見込めることです。しかし、炭水化物中心の偏った食生活に陥る可能性はあります。最近のレシピの記録を行い、偏りがちなら見直しをすると良いでしょう。偏った食生活を長く続けてしまうと、肥満以外に便秘や肌荒れなどの症状が身体に出やすくなるので、注意すべきポイントです。また、ウェブをはじめ様々なメディアで、偏った食事を警告する情報はあります。実際に体感しないと説得力が出ないかもしれませんが、時間を見つけて確認をすると良いでしょう。

その他、毎日同じ食材を使用しているなら、食材やおかずの中から一品だけでも変えるのも有効です。業務用食材を1つではなく複数購入を行い、食材やおかずに変化をつけることでも、食生活が偏るのを防げます。また、おうち時間に変化が出ると、プラスの効果も見込めます。


この記事をシェアする